2014年1月アーカイブ

当社に2名のプロボクサーがアルバイトとして働いていました。
その2名が今日を最後に次の新しい道へ踏み出していきます。

彼らは昨年プロボクサーとしてのステージに幕を下ろし、1人は千葉県で、もう1人は岡山県でそれぞれ次のステージで頑張ります。

0115-1.jpg

尚也と出会ったのが2008年7月6日。
悟と出会ったのも同じ年の秋だったと思うので、もう5年以上の付き合いになります。
2人とも私のことを「おやじ」と呼びます。
30歳になる息子も、あれほど出来の悪い息子も持った覚えはありませんが、なぜだか悪い気はしませんでした。

0115-2.jpg

彼らと出会って私も色々勉強させてもらいました。
好きだったボクシングをより深く好きになることができたのはもちろんですが、試合前後の厳しさ、勝者と敗者を分ける埋め難い大きな差、それとは逆にほんの僅かな差、夢を追い続けることの素晴らしさ、そしてその難しさ。

彼らの夢に便乗させてもらった5年間でした。

0115-3.jpg

なぜか最後に3人揃って拳を握りしめ・・・。
彼らの健闘を祈り続けます。

先日、とても賢い方から嬉しい話を聞かせていただきました。
その方はとても賢い方で、情報を整理することがとても上手な方です。
その賢い方は「iiro」は大変良い商品だと褒めてくださるのです。
その賢い方が仰るには、「iiro」は情報を整理するのに適したノートであるということです。
その賢い方は「iiro」を料理のレシピノートに使ってらっしゃるらしいのです。
その賢い方は「iiro」のクルヴェット・ローズを肉料理、アクアを魚料理、シャトルーズ・グリーンを野菜料理とそれぞれカテゴライズし、さらにそれぞれのストライプを和食系、ドットを洋食・中華系とさらにカテゴライズされているそうです。
その賢い方はクックパッド等のサイトや雑誌のレシピで料理し、その中で気に入ったもののレシピや自分なりのアレンジを、先のようにカテゴライズし、「iiro」に記していっているそうです。
その賢い方のキッチンには6冊の「iiro」があり、その時の気分や家族のリクエストに合わせて料理を選んでいるそうです。例えば「今日は和食の魚料理が食いたいなぁ」という家族からのリクエストがあれば「iiro」のアクア・ストライプを開き、「今日はガッツリ洋食系の肉料理が食べたい」という気分の時は「iiro」のクルヴェット・ローズ・ドットを開いて料理を選ぶそうです。

これは本当に賢い使い方ですね。
色を楽しむだけでなく、多色展開を機能として上手に使っていただいていることを大変嬉しく思いました。
もちろん料理だけでなく色々なシーンで便利に使えそうな気がしています。
賢い方は情報の整理術に長けているんですね。

「iiro」はこちらhttps://fromkobe.jp/contents/1-38.htmlでお買い求めいただけます。

その賢い方はきっとお買い物の時には「orissi」を活用してくださっているのでしょう。

「orissi」はこちらhttps://fromkobe.jp/contents/1-29.htmlでお買い求めいただけます。

新年早々露骨な宣伝で失礼しました。

でも本当にその活用方法に感心し嬉しく思ったものですから・・・。

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10