History

沿革

70年を越え、100年へのチャレンジを!

大和出版印刷の70年の歩みは、チャレンジの歴史でもあります。
印刷というビジネスモデルをベースに、その技術をさまざまなものに発展させることで、お客様によりよい情報を提供してまいりました。

今後もその精神を忘れることなく、100年に向けて、チャレンジしていきます。

1948

9月29日、神戸市葺合区(現在の中央区)小野柄通にて「大和印刷工業株式会社」設立。武部 繁が社長に就任。

1950

9月、社名を「大和出版印刷株式会社」に変更。本社を神戸市葺合区(現在の中央区)北本町通4丁目3に移転。

1967

5月、市内の印刷関連各社と共に設立した「神戸印刷センター協同組合」の初代理事長に武部 繁が就任。のちに神戸市東灘区魚崎浜町27-21に共同印刷工場「神戸印刷センタービル」が竣工し、印刷部門を移転。
工場拡張を機にオフセット印刷機を導入し、印刷の高速化・多色化に対応。

1984

1月、NEC電子組版システム「N5170」を導入。デジタル化の第一歩を踏み出す。

1987

9月、神戸市東灘区向洋町東2丁目7-2に新工場を開設(六甲アイランド工場)。

1988

8月、武部 誠一が社長に就任。

1991

1月、第二世代の組版システムとしてハイデルベルグPMT社の「Compotex」を導入。フルデジタル化への第一歩を踏み出す。

1996

9月、ホームページを開設。

2002

12月、新社屋竣工。フルデジタルCTPシステムが完成。

2003

11月、武部誠一の退任により、武部伸也が社長に就任。システム分野の部署を設立し(現在のシステム部)、Web領域への対応が可能になる。

2004

5月、武部健也が社長に就任。

2007

2月、AGFA:Sublima+印刷コンテスト 金賞受賞(2008年、2009年連続金賞)。

2011

11月、ステーショナリーブランド〈神戸派計画〉を設立

2012

10月、チェックメモ〈orissi〉がグッドデザイン賞を受賞

2015

7月、万年筆用クリーニングペーパー〈SUITO cleaning paper〉が第24回日本文具大賞機能部門グランプリを受賞

2017

11月、社内SNS〈Gruppen〉をリリース・販売開始。

2018

9月、創業70年を迎える。