大和出版印刷株式会社

『小さなインプット』

2013-01-23

こんにちは。プレス事業部のたかちゃんです。

寒い日が続き、春の足音が待ち遠しい今日この頃です。

ブログ担当は夏以来なので約半年振りになります。
今日お話しようと思うテーマは・・・

『小さなインプット』です。

社会人になり、仕事をつづけながら何歳になっても、
人は少しずつでも成長し続けたいと思うものです。
微力ながら、まだまだ勉強不足ですが僕もそんなことを思う中の一人です。
(ちなみに今年、年男です^^;)

インプット(入力)とアウトプット(出力)という言葉をよく耳にします。
より多くのことを見聞きして吸収し、自分のフィルターを通すことにより
表現や形・場面は違えど、より良いアウトプットが可能になるのだと考えます。

が、しかし、

毎日の日常生活や仕事に忙殺され、改めてインプットをしようとか
なにかに新しくチャレンジすることがいつの間にか難しくなってきているものです。

人は日々、なんらかの小さな選択
(今日は何を食べようか、どこに出かけようか、どの服を買おうか、、などなど)を
しながら生活しているのですが、大人になるといつの間にか
自分の好みの中で暮らし、そしていつの間にか接する世界が無意識に狭くなって
きてしまっているような気がします。
仕事、接すること、見聞きすること、出会う人、出かける場所、買うもの、食べ物・・・など
いろいろ、知らないうちに自分の趣味や志向の中にとどまり
未知の世界を切り捨てながら生活しているのだとも思います。

そこで、、、

最近の僕のキーワードは

“いつもと違う” です。

自分の好き嫌いの気持ちをちょっと横においておき、ちょっといつもと違う選択をしてみるのです。
「いつもと違う道を通る「いつも買っている缶コーヒーの隣のドリンクを買ってみる」
「いつもと違う車両に乗る」「いつもと違うコンビにに行く」
「いつもと違う言葉を人にかけてみる」「いつも好きで買うUネックの服ではなくVネックの服を買ってみる」
「いつもしない事をやってみる」「いつも行かないような店に入ってみる」
などなど、たくさんあります。

そうすると意外にいろんな発見があるのです。
小さいですが、知らない世界にちょっとだけ出会ったような気がするのです。

大それたインプットはできずとも、日常の“いつもと違う”ことから生まれる
小さなインプットの先には、大きく感じることがあったり
意外なアウトプットがその先に生まれることもあるかもしれません。。。

みなさんもお時間があればぜひ試してみてください。
「いつもと違う○○」を。

今日の僕の話はここで終わりです。

では、次は営業部営業課の三宅さんにつなぎましょう!

大和出版印刷株式会社 〒658-0031 神戸市東灘区向洋町東2丁目7-2 TEL 078-857-2355 FAX 078-857-2377
Copyright © 2012-2016 Daiwa Shuppan Printing Co. Ltd. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲