2011年8月アーカイブ

今のdocomoのC.M.響くなぁ。渡辺謙のギターとセリフかっこええなぁ。

先週の日曜日急に思い立って散歩してみた。
三宮からブラブラと。
ボーっと。
目的地もなくただブラブラとボーっと。
東へ向かっていた。
午後だったので太陽と反対方面に歩きたかったのだろう。
東へボーっと歩いた。
気が付けば王子公園辺り。
小学2年生の終わりに須磨へ引っ越す前に友だちと王子動物園に来たなぁ。
みんな元気かなぁ。俺はほとんどの奴のフルネーム覚えてる。みんなええおっさんやろうなぁ。死んだ奴はおらんやろうなぁ。
ここまで来たらもう少し東へ歩いて生まれ育ったまちへ行くことにした。

桜の季節は名所になる坂道も今は緑のトンネルの生活道路。あんなに広いと思っていた五毛天神も驚くほどこじんまり。こっちも同じように感じた護国神社、体だけはデカくなったようだ。篠原公園の遊具はあの頃のまま、胸が熱くなる。

nada1.jpg

走りまわって熱くなった体を冷やしてくれたベンチ。数え切れないくらい渡った橋。忍び込んでバッタを追いかけた水道局の施設。木の根をジャンプ台にして兄貴たちや近所の兄ちゃん連中と遊んだ平五郎、お供えのベビーカステラをいただいてしまってごめんなさい。

nada2.jpg

生まれた時家族で住んでいた文化住宅前、今でもあることが嬉しい。明るく良い子はお空を見上げすくすく伸びる「やさしく、つよく、ほがらかに」緑の摩耶山楽しいな摩耶幼稚園楽しいな、今は駐車場。小学2年まで通った摩耶小学校、クスノキは相変わらずでけぇ。水道筋辺りで一番好きな場所、串カツ・帽子・レコード、素晴らしい。

nada3.jpg

もちろん色々悩みは多い。当然。悩みのない大人なんて存在しないだろう。
でも落ち込んでいる訳でも悲観的になっている訳でもない。むしろその逆。
そんな中少し深く考えて悩んでいる雰囲気を味わいたいと思い、昔住んでいたところを散策したり墓参したりしている。
しかし目の前にはやるべきこと、やりたいことが山ほどあるので前向きな気持になってしまう。決してのんきに楽観的になっている訳ではないし、難しいこともたくさんあるのだがワクワクしてしまう。
眉間に深くシワを刻み渋味のある男になりたいのだが、赤ん坊のようにツルツルの眉間。

振り返る過去。悪いことや間違ったことはたくさんしてきた。人一倍してきた。でも大きく道を踏み外さなかったし、殊に会社の経営者になってからはブレずに正しいことを貫いてきたことだけは胸を張れる。性別・年齢・国籍・付き合いの長さや関係などにとらわれず是々非々を貫いてきたことにも胸を張れる。

今日は弊社の大晦日。目一杯振り返ってみた。

さ、菅内閣と共に弊社の63期が終わる。

昨日は弊社創業者である祖父の23回目の命日だったので墓参りに行ってきた。
今期(弊社は8月決算)は(も?)色々あったのでその報告と来期を見守ってくれるようお願いする意味を込めて墓へ向かった。

実は昨日の午後涼しい部屋で墓参しようと思った直後、外の猛烈に暑そうな景色を見た瞬間やはり墓参は止めて会社の応接室にある写真に手を合わせてお茶を濁そうと思った。しかしそんなことを許してくれるじいさんではあるまい、きっと恐ろしいバチをあててくるに違いないことに気付きやはり墓参してくることにした。
危ない危ない。

以前にも書いたような記憶があるがやはり今回もいた。
一匹だけいた。
私はこいつにも会いにきているような気がする。

ハンミョウ01.jpg

ハンミョウ02.jpg

それにしても打たれ弱い人が多くなったと思いませんか?若者もそれなりの年齢の人も男性も女性も。

私をよくビンタしてくれたあの先生、少しかわすと手の甲で往復ビンタしてくれたあの先生、一発で脳震盪を起こしそうになるグローブみたいな手をしたあの先生、悪かった私を叱ってくれてありがとうございました。体罰を勧めるものでも当時を恨んで嫌味を言っている訳でもなく純粋に感謝しています。

言うことを聞かない私の部屋に無言で入ってきて、全巻揃っていた「ドカベン」「マカロニほうれん荘」「ブラックジャック」を黙々とガムテープでグルグル巻にして捨ててくれた親父、私にとって生涯初となった拳での顔面全力パンチを入れてくれた先輩、本当にありがとうございました。

打たれ強さってそういうことじゃないのですが、やはり躾や教育ってものの大切さを痛感します。おまえが言うなって言われそうですが、私の周りには悪いことをしっかり正してくれる人たちがいました。言いつけを守っていますと胸を張って言えないところもありますが、本当に感謝しています。

キャリア教育の重要さをしみじみ感じます。社会に出ている人にこんなことを言うのは失礼に当たるのではないかと思うほど、恐ろしく幼稚で基本的なことを言わなければならない場面が多くあります。そういう人に限って打たれ弱いのです。困ったものです。
学ぶこと、働くことの動機付けができていないので大変脆いのです。学校だけではなく地域社会が一体となってキャリア教育を充実させないとこの国の将来には光が射さないと思います。少し話が大きくなってしまいましたが、心底そう思っていますので社業と両立しながら役立てればと考えています。

そろそろそんなことを考える年齢になってきたのかなぁ・・・。

日本の経営者は性善説のお人よしが多いと言われたり、性善説に基づく経営は過ちであるように論ぜられることが多い。
確かにお人よしだけで経営は成り立たないだろうが、性善説に基づき人を信じる事も大切なのではないかと思う。いや、正しくは思っていた

色々大変だ。
「新型うつ」で検索。皆さんご注意を!
俺じゃないよ!ん?俺?大丈夫だと思うけどなぁ・・・。

「まさか」ってやっぱりあるんだ。想定していたことであったから「まさか」ってほどのことじゃないけど、実際に起こると本当に悲しいもんだ。
「裏切り」でも「信じる」。残念ながら信じきることができない人間になってしまいそう・・・。既になってしまってる?そんなの悲しいじゃないか。

私はかなり口うるさい人間です。失敗の多い人間ですが、同じ失敗を繰り返すことがとても嫌いです。情に厚い反面恐ろしく残酷な一面もあります。
お前がどんな人間かなんて興味ないわと言われればそれまでですが・・・。

先日ある人から「あなたの言っていることは時間が経ってから分かる。」と言われました。

そうなんです。私は難しいことは言っていないのです。言えないのです。立場上人に色々なことを要求します。自分がしないこと・できないことも要求することがあります。その際は内容を十分吟味してから行いますので、無理難題を言うこともないはずなのです。ただそれだけ準備してから伝えますし、殆どの場合相手が納得せざるを得ない状況であり内容の上、私の言葉は大変乱暴でありますので、本意が伝わりにくい状況がよくあるのです。

それを自覚しているのだったらもう少し気長に待ったり、柔らかい言葉で伝えればいいのでしょうが、理解して実践してくれる人も多いですし、自分では何度も同じ事を伝え十分に待っているつもりですからしょうがありません。伝わらなかった場合は完全にやりきった感があり、悔いは残りません。でも次に同じような状況を迎えることがあれば少しでも上手に伝えるようにしようと思っています。
最近も同じようなことがありました。
昨日墓参しじいさん・親父・兄貴に尋ねましたが、今回は私が正しいと答えてくれました。

少々の重荷なら背負っていく自信も覚悟もあるのですが、後ろ向きに引っ張る力はあっさり切り捨てて前進していきたいと思います。

冒頭の言葉、後で理解されてもしょうがないんだけどなぁ・・・。

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10