2010年2月アーカイブ

顧客から預かった金を職員が着服するという事件を起こした金融機関が、再発を防ぐため営業担当者に現金を持たさないという措置をとるらしい。今まで現金の出金を持ってきてもらっていたが、これからは支店へ行かなければならない。

どの企業もサービスの質の向上に取り組みお客様に満足していただこうと努力しているのに、今まで行ってきたサービスを自分のところの都合により一方的に廃止する。そんなことが許されるのだろうか。もちろん不正を行えないようにする仕組み作りは大切であるが、それを顧客に不便という形で押し付けていいはずはない。

この金融機関は金を貸してやっているという意識が根強いのだろう。そうでなければ平気でサービスを劣化させることを行うとは思えない。

業界の常識は世間の非常識とよく言われるが、顧客を無視した企業が衰退することはどの業界にも通用する常識なのではないか。我々はそうならないようお客様第一を貫くことを当たり前のこととして再確認し、ここに宣言する。
どこか良い金融機関はないものだろうか。

大変久しぶりの更新になってしまいました。何回か書きかけてはいるのですが、色々なことが起こり続け更新の機会を逸していました。

少し前の話になりますが、先月末に行った大連での話です。
今回は大連での日本語DTPを取り巻く環境の現状視察が主な目的でしたが、春節前の忘年会も兼ねてきました。

まず書いておきたいことは、大連の社員一人一人の成長の総和が全体の仕事の質・量の向上に繋がっていることが手に取るように分かり、大変嬉しく思ったことです。
約3年前に会社を興したときにはまだまだ日本語の理解度も低かった社員たちが今は私の日本語を通訳無しでも理解できるようになっていましたし、仕事に対する目の輝き、自信を持った態度、達成感から出る笑顔を本当に心強く思いました。
もはや日本側が一方的に指導する段階は終わりつつあり、共存共栄切磋琢磨の段階に入っているように思えました。

そんな中、日本のぼんやりムードや方向転換の速度の遅さにタイタニックを感じ、このままでは日本全体の沈没に繋がるのではないかという思いを持たざるを得ませんでした。
しかし大連の街の汚さやそのことに対する意識の低さには公共道徳心の欠如を感じ、この分野ではまだまだ遅れているのも事実だと思います。プリウスに乗っているくせに窓からタバコをポイ捨てするおっさんがいるような国に公共道徳心を語る資格は無いかもしれませんが。

国益について語るほど深く考えたことも学んだこともありませんが、モタモタしていると本当に日本はダメな国になるのではないかと感じました。
まず借金がここまで多いと節約だけでは済まないと思います。会社でも家計でも支出を抑えると同時に収入を増やす努力をするでしょう。同時に行わなければいけないと思うのです。ですから徹底的に無駄を排除してくれるなら増税を口にして立候補した候補者も当選すると思うのですが、いかがでしょう。

日本のみで国益を考えてはいけないと思いますが、日本はしっかり国益を考えなければいけないとも思います。
国として世界に存在価値を示し続けるためにはやっぱり教育が最重要だと思います。自分の子供をしっかり教育できている自信は全くありませんが強くそう感じます。教育は良い結果を得るためにとても時間が掛かることですし、あらゆる失敗を取り返すにも相当の時間が掛かると思います。難しいことですが正しいことを素早く行わなければならないと強く感じました。人として会社として国として。
今回で12回目の大連だったのですが、これだけ深く考えて感じたのは初めてでしたので、書いておかないといけないと思いました。私の考え方のネガティヴな部分が間違っていてほしいと思っています。未来に読み返したときにバカなことを書いてたなぁと思えますように。

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10