2009年10月アーカイブ

| コメント(0) | トラックバック(0)

運命、人生、命、重さ、儚さ、絶望、脱力、無念、憤り、無力、後悔、申し訳ない。
命、人生、意味、運命。
嘆き、痛み、後悔。
悲しみ、儚さ、無力。
意味。
何ができる?何をしなければならない?なぜ?
役割、役目。
運命?
希望、目標、努力。
運命?
夢、儚い。
痛い、痛い、痛い。

私が42歳になる15日前を無事に迎えた先週の土曜日に、当社に先輩方や長年お付き合いいただいている協力会社の方々を迎え、同窓会のような懇親会を行いました。きっかけは今年2月の親父の葬儀に参列してくださった方々と楽しい場でお会いしたいというところからでした。

まず技術の進歩に驚いてもらうべく社内を見てもらいました。
営業部では以前は手書きで複写式だった作業伝票が、受注管理データ等と統合されデータベース化されているところや、ホワイトボードに書いていた営業スケジュールがイントラネットの上にあるところなどを見てもらい、情報の共有化・有効活用を感じてもらいました。

3F.JPG

Digital事業部では最新のPC群による画像処理、デザインの工程やwebサイト制作、プログラミング、ネットワーク・サーバ構築等、70歳以上のOBたちにはおそらく外国語に聞こえたと思われる説明があったり、大連の会社を映すライブネットワークカメラやCTP(コンピュータから直接印刷用の版を出力するシステム)を見て感嘆の声を上げてもらいました。

2F.JPG

比較的分かりやすいPress事業部での印刷機の説明にも、ここ10年くらいの技術革新に皆さん相当驚いた様子でした。

1F.JPG

その後場所を移して行った懇親会では、皆さんに褒めていただいたり励ましていただいたり・・・。
自分たちが育ててきた会社が今も元気であることを喜んでくれていましたし、現役社員との交流も大変喜んでくれました。
現役社員も歴史の重さを感じるとともに、現在までの達成感と今後への使命感を強く感じたことと思います。

%E6%87%87%E8%A6%AA%E4%BC%9A%EF%BC%91.JPG

私はあらためて我々がバトンを受け取ってから歩んできた道の正しさを実感し、勇気を持って前進し続けていこうと強く思いました。

%E6%87%87%E8%A6%AA%E4%BC%9A%EF%BC%92.JPG

もちろんじいさん・親父・兄貴にも参加してもらいました。

では今から大連に行ってきます。

思えばこの約1ヶ月、心の奥底にずっとイライラ・モヤモヤがあったような気がする。
あれは8月30日の夜、正確には8月31日未明。
政権交代が成し遂げられた総選挙の結果を受けて、それを分析したりゲストのコメントを聞いたりする番組を見ていたのだが、その司会者が「国民はおかしいよ!」と。

この司会者ベテラン有名優秀ジャーナリストだそうだが、前政権が解散しないことに常々「国民の信を問うべきだ」「信任を得ていない政権だからダメなのだ」と繰り返し言っていたではないか。
投票結果を見て「国民はおかしいよ!」とは何事だ!

人の顔に向けて指をさしたり、自分の意見だけ言ってCMに振って相手に意見を言わせなかったりともともと嫌いだったが、「国民はおかしいよ!」は許せない。

書きながらもっと色々罵る言葉で書きたい気持ちも出てきたのだが、どれだけ書いてもスッキリするものではない。

いい加減に忘れなくては。

日曜日の朝10:00からは散歩の時間にでもするか・・・。

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10