大和出版印刷株式会社

環境への取り組み

エコロジー活動

ゴミの分別処理をはじめ、リサイクル・省エネルギーなど環境問題に力を入れています。
 

自社で一番出るゴミは紙ゴミ。リサイクルに回せるよう、分別をしています。

コピーに使用した紙は裏が使用できる紙と、できない紙とを分別。使用できる紙はサイズ別にわけ、FAX用に使うなどしています。
様々な紙ゴミが出るので、リサイクルの可否等を勘案し、色紙、上質紙、その他の紙で分別し、それぞれ業者に持って帰ってもらっています。
主に「不燃ゴミ箱」「可燃ゴミ箱」「資源ゴミ箱」を、各フロアに設置。
空き缶、ペットボトルなどと同様にリサイクルに回せるように分別して回収しています。
その他、自動販売機で出る紙コップも分別し、リサイクルされたトイレットペーパーを取り寄せています。

再生紙の利用

紙の原料は、4割が木材チップから製造されたパルプ(バージンパルプ)で残り6割が古紙です。
これらの原料を利用して紙を製造し、市場で消費された紙は、古紙として回収され、再び紙の原料として生まれ変わります。
一方、木材チップの原料となる木材は、ほとんどが製材時に発生する残材、製材に不向きな細い木および間伐材です。
日本国内では林業が崩壊同然なので、あまり意識されていませんが、輸出国では森林伐採が進み、生態系への影響は非常に深刻なレベルに達しています。
再生紙を利用することは森林資源の保護につながります。またパルプを製造するときのBOD(生物化学的酸素要求量)、COD(化学的酸素要求量)の河川、海洋への排出による環境負荷、ダイオキシンの生成、二酸化炭素、硫黄化合物の大気への排出量などが削減できます。
現在、紙製品原材料価格が国際的に高騰しており、これは森林保護と、それに代わる古紙リサイクルに掛かるコストに拠るものだと言えます。
今後再生紙への転換はますます進むものと考えられます。

再生紙

再生紙には、エコパルプとよばれるECFパルプ(無塩素漂白パルプ)が使用されています。
エコパルプの特徴…
エコパルプの最大の特徴は、重要な漂白工程に「ECF漂白」という方法を取っていることです。
「ECF漂白」とは、現在先進国を中心によく使われている方法で、漂白に塩素を使用せず、代用品として酸素、オゾン、過酸化水素水などを使用します。
これにより、塩素による環境負荷を抑えることと、ECF漂白により製造された紙材料には焼却時のダイオキシンなどの有害塩素化合物発生量が極めて少ないと言う特徴があり、環境負荷を小さくできます。
また、塩素による漂白とECF漂白を比較すると、ECFによる漂白は木材パルプの痛みが少ないということで、これにより強いパルプを作ることができ、リサイクルに適した漂白方法だと言われています。

大豆油インキ

従来使用されていた亜麻仁油や桐油、高沸点石油系溶剤の代わりに大豆油を使用したインキで印刷しています。
枯渇資源の高沸点石油系溶剤が従来品に比べ20~30%削減されたインキを使用することで、環境へ配慮しています。
基準に合ったインキや印刷物にソイシールの表示が認められています。

アルコール排出量削減

現在の連続給水型枚葉印刷機では、湿し水にアルコールを混合する方法が一般的ですが、添加剤にアルコール削減型のものを使用することで、アルコールの混入した排水の削減に努めています。

排気等

印刷機械は、コンプレッサーや冷却装置に給排気設備が必要になりますが、社屋の機密性を高め、印刷機の給排気専用のダクトを設けることにより、騒音の低減、冷暖房効率の向上を図っています。

電力使用量の削減

印刷機械の電力使用量は非常に大きく、環境負荷の一因です。
使用しない印刷機は電源を切る、休み時間などは照明を切る、冷暖房は必要最小限にするなどの方法で、電力使用量の削減に努めています。

建物の環境配慮

建物内部に、いくつかの環境配慮型のものを使用しています。壁材・折戸・カウンターの部分には、環境負担の少ない材質「スターウッド」を使用しています。
その他の壁材には、環境配慮型製品といわれているケナフ壁紙を使用。壁財・床材などの接着剤についても、有害物質ゼロ、もしくはJAS/JISに規定されている最低限度のものを使用しています。
 


壁材
 

折戸
 

カウンター

大和出版印刷株式会社 〒658-0031 神戸市東灘区向洋町東2丁目7-2 TEL 078-857-2355 FAX 078-857-2377
Copyright © 2012-2016 Daiwa Shuppan Printing Co. Ltd. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲